2017.06.30 Friday 16:53

ひよとの出会い

お兄ちゃんたちより、1日遅く生まれた「ひよこ」

巣立ちも、日をまたいだ翌日となりました。

 

“お兄ちゃんたちが出ていったのなら、私も一緒に行く!”

とはならないんですね。

自然の摂理は本当にすごいなと、つくづく思います。

 

先に巣立った兄弟は、おそらく父鳥「ひよすけ」にまかせているのでしょう。

母鳥「ひよ」は、残されたひよこの巣立ちの時まで、つきっきりでした。

1羽1羽大切に、しっかりと面倒をみています。

一見、当たり前なことなのかもしれませんが

“私たち人間も見習わないといけない” “負けてはいられない”と、思わずにはいられませんでした。

 

上記の写真はまさに、ひよこが巣立ちのスタンバイを始めた瞬間です。

 

さあ、いよいよラストはひよこですダッシュ

周りを気にしながら、スタンバイ!!

 

とその時

いつもカメラ目線をくれていたひよこが、こちらの存在にがっつり気が付きました!

じぃぃぃ〜…(めちゃくちゃ見ています)

じぃぃぃ〜〜……(ガン見です)

アップになると、まん丸でボールのよう(笑)

真っ直ぐなつぶらな瞳

真っ白な心でこちらを見つめるその様は、まさに『純真無垢』そのものでした。

 

ひよが戻って来ると「ひよ母ちゃ〜ん♪」と、羽をパタパタさせてすり寄っていくのですが、

行ってしまったら、すぐさまパッとこちらを見て、また「じぃぃぃ〜」

 

気になる気持ちが大半でしょうが、

・今から巣立ち⇒不安

・ひよ母ちゃんが行ってしまった⇒“どうしよう”

という、(前向きな)Help me!!のまなざしだったように思います。

そのループで疲れてしまったのか、はたまた飽きたのか…

一世一代の最中にもかかわらず、ウトウトするという一幕もありました。(ひよに思いっきり起こされていました(笑))

 

そんなこんなでしたが

無事に巣から旅立っていきました。

 

<下記は同日の夕方に目撃し、撮影した写真になります>

おわかりでしょうか?

自転車の前輪の下に写っている物体が「ひよこ」です。

 

ブラシノキで生まれた、ヒヨドリ3兄弟

こうして皆、巣立っていきました鳥鳥鳥...

 

 

  • - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.