2017.04.17 Monday 16:52

改装工事〜塗装・レジカウンター編〜

作家さまからの納品ラッシュが、一段落しました。

早速、ディスプレイに取りかかっている

「ぶらしの木」のAnzuです。

 

すべてお預かりした大切な作品です。

私自身こだわりが強く、その部分においては、納得のいく形におさまるまで追求する質なので、

なかなか時間がかかりそうですが…やりがいのある、とても楽しい作業です。

 

2回にわたって、冬限定「ヒヨドリ・メジロへのご飯奉仕」をお伝えしましたが、

実はミカンに加えて、昨冬から「他の子へもご飯奉仕」を始めました。

上記の鳥たち以外にも、鳩やスズメはもちろん、シジュウカラやハクセキレイ・ツグミ(昨冬初!)等もやってきます。

果実を好む植物性の鳥だけをひいきするのではなく“他の食性の子も”と思い、

ひまわりの種を入れたバードフィーダーを設置しました。

バードフィーザー

網の中にひまわりの種が入っていて、受け皿に落ちたものや、ひっぱり出して食べられるようになっています。

あと数日で完食終了となりますが、もともと準備するのが遅かった為、特別にまだ設置しています。

通年奉仕したい気持ちは山々なのですが、奉仕ご飯をアテにして、自力でエサを採らなくなってしまっては本末転倒ですので、

心を鬼にし、エサ不足となる冬の間だけ!と決めています。

こちらのバードフィーダーにやってくる鳥さん。

食べてくれるようになってからは、毎日早朝と日没前の二度来ているようなのですが…

今だ一度も、その姿を確認できていません。

おそらくシジュウカラさんだとふんでいるのですが、正体不明です(苦笑)

 

では、出入り口扉新設の続きからお伝えしていきます。

 

骨組みが完成したので、いよいよ次は色づけです。

自然の木目が活きるナチュラカラー

ピカピカとした光沢は苦手なので、必要最低限のクリアコーティング

でお願いしました。

出入り口(塗装)

素朴で温かみのある仕上がりとなりました。

 

出入り口扉の新設と同時進行で、オリジナルレジカウンターも制作していただきました。

両者ともに骨組みは、担当の大工さん(お一人)がお昼ご飯もとらずに、たった2日で仕上げて下さいました。

 

養生時の写真に写っていた流し台が、

レジカウンター設置

使い勝手まで計算された、オリジナルレジカウンターへと様変わりしました!

 

出入り口扉と同じ塗装を施し、

レジカウンター設置(塗装)

中に可動式の棚も取りつけていただきました。

(塗装前のカウンター上にあるものは「目隠し」です)

 

長くなってきましたので、今日はこの位で失礼します。

次回は、オリジナルレジカウンターの補足からお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.