2017.08.13 Sunday 13:57

ヒヨドリの「ひより」

早いものでお盆に突入し、

「残暑」シーズンのお決まり番組、24時間テレビの日も近づいてきました。

いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、唐突ですが、1年前のお話になります。

初めにお伝えしておきますが…

このお話、悲しい結末を迎えます。

そういう話を、本来はあまりすすんでしたくはありません。(「ひよたろう」のこともしかり)

ですが、

『証』を残すために、綴りたいと思います。

 

ブログを読んでくださっている方にはお馴染みの

ブラシノキから巣立った3兄弟の末っ子「ひよこ」鳥

そのひよこが、いっちょ前にパートナーを見つけ(「つれ」と命名)子育ての季節を迎えました。

 

「つれ」のチャームポイントは、広ぉ〜いおでこ♡

左上:ひよこ・右下:つれ

わかりづらくて申し訳ありませんあせ

 

ブラシノキも候補に入れてくれていたのか、たびたび2羽で偵察には訪れていたのですが、

花が散ったあと、ばっさりと剪定したため、葉のボリュームが少なくなっていたからでしょうか?

それとも別の理由があったのかもしれません(^^;)

 

最終的に

お店の向かい側に根付いている「どんぐりの木(クヌギ?)」に決めたようで、

せっせと巣材を運び込み、巣作りを始めました。

 

住居の2階以上の高さ・ズームカメラ片手に必死で探して、かろうじて葉と葉の隙間から、一部が見える

到底まともな観察など、出来ない場所でした。

そして一番の心配の種は、真下が国道であること。。。

 

とにかく気になって仕方がないものの、

中の様子を見ることが出来ないので、ヒナ(たまご)の数・「現在〇日目」ということが全くわからず…

可愛らしい鳴き声がするようになってから『見守り隊』を始めましたサングラス太陽

 

聞こえてくるその声が、日増しに大きくなり

しかし…

“そろそろ巣立ちかな”という頃に差しかかっても、いっこうにヒナは出てきません。

 

そうこうしている間の、ある夜

おそらく巣から落ちてしまったのでしょう。

ひよたろうの時の悲劇が、再び起こってしまいました。。。

可能性に満ちた1羽の尊い命が、またしても車に奪われました。

出来ることなら元気な姿・顔を見たかったこの子は、生まれたどんぐりの木の下で眠っています。

またしても、救ってあげられず

この度重なる事故の時ほど、車の存在を恨めしく思ったことはありません。

 

悲しい出来事の後も、

ひよこ&つれは引き続き、残ったヒナにせっせとえさを運び、子育てを続けていました。

 

ヒヨドリのヒナは孵化して巣立つまで、だいたい10日前後。

“もう超えている気がする”

ヒナが鳴くたびに、ひよこが寄っていき、何やらごそごそ…

その後はただただ、そばで寄り添っている。

 

やはり様子がおかしいビックリビックリ

 

もう少し、中の様子が窺える角度がないものか…

木の回りをぐるぐる、何度も探してみました。

 

<次回へつづく鳥

 

 

 

 

 

  • - | - |

2017.08.05 Saturday 12:50

Instaデビューしました

過ぎ去りし、7月29日・30日は

私事の事情により、臨時休業させていただいておりました。

告知も急になってしまい、ご来店をお考えいただいておりましたお客様には

大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。

心よりお詫び申し上げます。

 

また、

ホームページの「お知らせ」にて、すでにお伝えしていますが

8月は一部、営業日に変更があります。

 

11日・12日と夏期休暇をいただくのに伴い、

通常は定休日にあたる、7(月)・14(月)は特別営業いたします。

 

【8月の営業日】

―橘棔本日・6(日)・7(月)

⊇橘棔銑週目:13(日)・14(月)・19(土)・20(日)

そ橘棔В横(土)・27(日)

となりますひよこ

 

もう1つお知らせです!

この度、Instagramを始めてみました。

 

SNSは自身の性格上、向いていないことがよくわかっているので(全くの未経験です(苦笑))

なかなか腰を上げられずにいましたが…

“何事も挑戦だっダッシュ”と思いまして

趣味で写真をちょこちょこ撮っていることから、インスタを選びました。

 

機能はもちろん、SNS的(?)コミュニケーションのとり方も、まだわかっていないのですが

継続できるよう、自分なりのリズムをつかみたいと思っています。

そのためにはやはり、極力マイペースが一番!でしょうか…?

このような感じですので、何かと粗相があるかもしれませんが

ユーザーの方・閲覧のみお楽しみの方・“始めてみようかな”と密かにお考えの方etc

どうぞよろしくお願いしますおじぎ

 

アカウント:bird_zakka.burashinoki

 

<ぶらしの木Instagramはこちら>←click

 

 

そして、本日8月5日は「ひよたろう」の命日です。

きっと大空の上から(ブラシノキの下からも)

大好きだった「ひよじろう」「ひよこ」「ひよ」「ひよすけ」を見守ってくれていることでしょう虹

 

一番上の元気っ子が、ひよたろうです(^^)

 

「ぶらしの木」Anzu

 

 

 

 

 

  • - | - |

2017.07.23 Sunday 13:30

お客さまからの恩恵

猛暑日が続く中

今日の岸里は、少しばかり暑さが和らぎ、優しい風が吹いています雲

 

こんにちは。

自転車転倒時の痛みがとれ、青たんが治りかけの黄色に変化した

「ぶらしの木」のAnzuです。

 

本日は、あるお客様のお話です。

 

5月のオープニング時に

ミキテライさんの原画を早々にお求めいただいた方で、

手荷物になると具合が悪いようで「また取りに来るので、しばらくの間置いておいてほしい」とのご要望でした。

「展示保管でかまわない」とご配慮までいただいたので、

『売却済み』のポップを掲げて、お待ちしていました。

 

そして先月、再来店くださいました!

お会計は済んでいた為、包みをかけて渡そうとしたところ…

 

「やっぱりこの絵は、お店の雰囲気にとても合っているので、こちらに置いておいてください」と。

 

・・・(゜_゜)?

 

頭を過ぎったのは『キャンセル・返金』

内心“…がっかり”と思っていたら、その後まさかの一言が!!衝撃

 

「開店記念として贈らせてもらうので、よかったら飾ってください」

 

我が耳を疑いました。

こんな、足長おじさん的なことってあるのですね。

開いた口がふさがらない状態でしたが、せっかくのご厚意ですので

ありがたく受け取りました。

 

その絵がこちらですキラキラ

「あこがれ」というタイトルの、オリジナル原画です。

背景のくすんだピンク色をはじめ、独特の味に目を奪われます。

描かれている鳥のキウイは

何でも、オーストラリアに行かれた際に、ご覧になったとの事。

 

気に入られていたので、同じデザインでご用意のあるポストカードを

(かなり)ささやかですが、プレゼントすればよかったな…と思っている今日この頃です。

 

ポストカードは、他にも様々なデザインが揃っています♪

一番上のものは、原画のご用意もありますよ(^^)

タイトルは「MIND YOUR STEP」です☆

 

お店を営むのは、もちろん初めての試みで、正直全てが手探りです。

一つひとつの作業も、頭から湯気が出ています(^^;)

歩みはゆっくりかもしれませんが、

このような嬉しい出来事や、厳しい暑さの中

住宅地である岸里まで、わざわざお越しくださるお客様・足を止めてくださる方との出会いは、とても励みになります。

 

「ローマは1日にしてならず」

 

これからも鳥さん愛を広めるべく、精進してまいりたいと思いますがんばる

 

この度ご厚意にあずかった、ミキテライさんの原画は

レジカウンター上に飾らせていただいています。

本当にありがとうございました!!

またのご来店を、心よりお待ち申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • - | - |

2017.07.15 Saturday 13:05

ひよファミリーがくれたもの

きびしい暑さが続いております。

大阪でも先日、36℃の猛暑日を今年初観測しました太陽

3連休初日の今日も、朝からうだるような暑さです(@@;)

皆さまくれぐれも、熱中症等にお気をつけてお過ごしください。

 

数日前、自転車を走らせていた時のことです。

可愛い寝姿の地域猫猫を見つけ、近寄ろうと急カーブしたところ

後でさそうとハンドルにかけていた日傘が、車輪にカラカラカラ危険

慌てて引き抜こうとして、おっとっとっと…バッシャーン!!

 

足を擦り剥き、打撲しました。

(近くにいたお巡りさんとおじさん・宅配業者の方に助けられました照れる)

 

そもそも足のつかない自転車に乗っているのも、よろしくないですね。。。

反省をしつつ

身体の節々が痛い「ぶらしの木」のAnzuです。

 

 

さて、これまで5回にわたってお伝えしてきました「ヒヨドリ」話

さらに、そのヒヨドリを「運命の鳥」と証しています。

そうです。

ブラシノキがもたらしてくれた、このご縁がキッカケで、鳥の世界へどんどん引き込まれ

そしてこの度、恵まれたことに『鳥モチーフの雑貨専門のお店』を開店する運びとなりました。

 

もともと身体が丈夫な方ではない為、挑戦してみたいことがあっても

身体が思うようについていかなかったり、自分の体力を案じ“やめておこう”と断念することもありました。

ですので

3年前は、まさかこのような転機が訪れるとは、想像もしていませんでした。

 

“この何にも代えがたいご縁が、この先もずっと続きますように”

そんな願いをこめて、店名を「ぶらしの木」としました。

 

赤いブラシノキの花が咲くと、その花を食べにやってきます。(例年は5月で、気候に応じて10月頃にも咲きます)

安心できる休憩場としても利用してくれていますので、

その姿をご覧いただけることがあるかもしれません(^^)

お立ち寄りの際は、そっとのぞいてみてください。

 

鳥さんに魅せられてからというものの、何気ない日々の行いにも変化が生じました。

幼い頃から、動物は大好きでしたので

道中ですれ違う犬や猫・ハトやスズメには自然と目がいっていました。

話しかけることも、しばしば。

 

それは今でも変わらないのですが、一番変わったことといえば

「自然の音」を楽しむようになりました。

 

以前は好きな音楽を聞きながら歩いていた道も、今では鳥の声を聴きながら

またその鳴き声から、声の主・何を言っているのかを想像し、耳を傾けるようになりました。

ウォークマンの音楽なら、いつでも同じ曲を聞けますが、Bird-songはまさに今!です。

周りから見たら、時々危ない人になっているかと思います(笑)

小鳥たちのさえずりは、皆とても美しいですが、

一番のお気に入りは、やはり・・・

ヒヨドリがご機嫌さんで鳴らす、ふんふんふんふんという「鼻の音」です。

 

少し大げさになりますが…

同じ景色・日常でも、心持ちひとつで、こんなに違って見えるものなのだと

「興味」「気づき」の威力は、凄まじいですね。

 

ちょっと熱苦しくなってきましたので(笑)、

先日撮った夕焼け空を最後に、この辺で失礼します。

 

 

成鳥になった「ひよこ」とともに。(ひよじろうも元気です◎)

 

それでは、よい3連休をお過ごしください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • - | - |

2017.07.07 Friday 14:04

ヒヨドリ3兄弟のその後

今日は七夕七夕

特に何かをするわけではないのですが、夢のある日なので好きです(^^)

 

 

これまで、4回にわたって

私の運命の鳥「ひよ」との出会いをお届けしました。

 

小さくて儚い

けれども、精一杯全力で生きようとする、エネルギーに満ち溢れた命

そして

身体をはって我が子を守り・育て、未来へつなごうとする親鳥の深い愛情を目の当たりにし、

心が熱くなったことを今でもはっきりと覚えています。

 

その後も「ひよファミリー」は近所に居付き、その成長ぶりと元気な姿を見せてくれています。

 

<下記はその後成長した、若鳥時代の「ひよ次郎」です>

尾の形が魚の尾ひれのようで、長さも短めなのが特徴です。

あいかわらずクールなので、ヒヨドリのわりに無駄鳴きはしません(笑)

 

<下記は「ひよこ」の若鳥時代です>

尾がシュッと細長く、色白さん(特に顔から喉元)なのが特徴です。

ヒヨドリらしく、大きな声でよく鳴きます(笑)

 

野鳥のヒナは巣立つ時、またその直後が、もっとも危険だといわれています。

(住宅地では)天敵となるカラスや野良猫(地域によってはヘビ)・自動車や自転車、場合によっては人間も…

厳しい自然界へと一歩踏み出した小さな勇者たちにとって、それらは大いなる脅威です。

 

写真をご覧になり、すでにお察しの方もいらっしゃるかもしれません。

「ひよたろう」の姿がないことに・・・

 

ひよたろうは、

ためらいながらも無事、巣立ちを果たした2日後

目前の道路で交通事故にあい、生後わずか12日にして虹の橋をわたりました。

 

24時間体制で、見張ることは残念ながらできませんが、

その前日、歩道の真ん中で立ち往生し、自転車と接触しそうだった時は、何とか救うことができました。(母鳥の「ひよ」がついていた為、近くの茂みにもぐらせるのを見せて、後はまかせました)

どうにかして守ってやれなかったのかと、今でも悔やまれてなりません。

 

ですが、その不幸な事故の後

兄弟である「ひよじろう」「ひよこ」は、決して車道の方へは近寄りませんでした。

長男である「ひよたろう」がきっと、その身をもって

車の恐ろしさを教えてあげたのだと思います。

 

ひよたろうは、店先のブラシノキの下で、安らかに眠っています。

決して喜べることではないのですが

ブラシノキは、ひよたろうにパワーをもらってから、さらに大きく立派な木へと成長しました。

 

<下記は、ひよ母ちゃんに甘える巣立ち直前の「ひよたろう」です>

ご飯も一番よくもらっていました。

 

今も記憶の中で、元気に生きています。

これからもずっと。

 

「ぶらしの木」Anzu

 

 

  • - | - |

2017.06.30 Friday 16:53

ひよとの出会い

お兄ちゃんたちより、1日遅く生まれた「ひよこ」

巣立ちも、日をまたいだ翌日となりました。

 

“お兄ちゃんたちが出ていったのなら、私も一緒に行く!”

とはならないんですね。

自然の摂理は本当にすごいなと、つくづく思います。

 

先に巣立った兄弟は、おそらく父鳥「ひよすけ」にまかせているのでしょう。

母鳥「ひよ」は、残されたひよこの巣立ちの時まで、つきっきりでした。

1羽1羽大切に、しっかりと面倒をみています。

一見、当たり前なことなのかもしれませんが

“私たち人間も見習わないといけない” “負けてはいられない”と、思わずにはいられませんでした。

 

上記の写真はまさに、ひよこが巣立ちのスタンバイを始めた瞬間です。

 

さあ、いよいよラストはひよこですダッシュ

周りを気にしながら、スタンバイ!!

 

とその時

いつもカメラ目線をくれていたひよこが、こちらの存在にがっつり気が付きました!

じぃぃぃ〜…(めちゃくちゃ見ています)

じぃぃぃ〜〜……(ガン見です)

アップになると、まん丸でボールのよう(笑)

真っ直ぐなつぶらな瞳

真っ白な心でこちらを見つめるその様は、まさに『純真無垢』そのものでした。

 

ひよが戻って来ると「ひよ母ちゃ〜ん♪」と、羽をパタパタさせてすり寄っていくのですが、

行ってしまったら、すぐさまパッとこちらを見て、また「じぃぃぃ〜」

 

気になる気持ちが大半でしょうが、

・今から巣立ち⇒不安

・ひよ母ちゃんが行ってしまった⇒“どうしよう”

という、(前向きな)Help me!!のまなざしだったように思います。

そのループで疲れてしまったのか、はたまた飽きたのか…

一世一代の最中にもかかわらず、ウトウトするという一幕もありました。(ひよに思いっきり起こされていました(笑))

 

そんなこんなでしたが

無事に巣から旅立っていきました。

 

<下記は同日の夕方に目撃し、撮影した写真になります>

おわかりでしょうか?

自転車の前輪の下に写っている物体が「ひよこ」です。

 

ブラシノキで生まれた、ヒヨドリ3兄弟

こうして皆、巣立っていきました鳥鳥鳥...

 

 

  • - | - |

2017.06.23 Friday 13:42

ひよとの出会い

生まれて10日目

すくすくと元気に育った3兄弟に

ついに、巣立ちの時がやってきました。

 

<下記は、その日の朝の写真になります>

ぎゅうぎゅう詰め。もう、巣中にぎりぎり収まっています。

 

通常ヒナの巣立ちは、2〜3週間ほどかかります。(※種によっては、もっと長い鳥もいます)

しかしヒヨドリは、生後わずか10・11日で、まだ見ぬ外の世界へと勇敢に旅立ちます。

まともに飛べないうちに、巣立ちをするのは、

ヒヨドリの巣が、外敵に狙われやすい樹上の「おわん型」で、危険だからでしょうか?

 

『鳥一倍、食いしん坊!』その反面、慎重で少し臆病な「ひよたろう」

『前進あるのみ!』我が道ゆく、クールで肝の据わった「ひよじろう」

『好奇心旺盛!』写真はやたらとカメラ目線、色白でおてんばな「ひよこ」

 

ひよ&ひよすけに見守られながら、いざ!!

 

まず先陣をきったのは

やはりお兄ちゃん、ひよたろうです。

巣の縁に乗って、スタンバイ!

しかし・・・

後ずさり…ぐぐっとお尻を、巣中に戻してしまいます。

気をとりなおして、再びスタンバイ!!

でも、なかなか決心がつかず…その様子を、母鳥「ひよ」が後ろで心配そうに見守っています。

 

行ったり来たりをしばらく繰り返した後

巣中の兄弟に押される形で、飛び出していきました(汗)

すかさず、ひよがフォローに回りますダッシュ

 

そうこうしている間に・・・

お次は、ひよじろうの番になりました。

お兄ちゃんのように、まずはスタンバイ!

「急がなくてもいいからね」と、こちらの心配をよそに…

全く臆することなく、外へ。

トッとトッとトッとと、どんどん先へ。

最後に残った末っ子「ひよこ」が、ぽか〜んとなるほど

まさに『前進あるのみ!』の、華麗なる巣立ちでした。

 

人間と同様、兄弟でも性格はさまざまですね。

その違いも、見ていてとても面白いです。

 

次は「ひよとの出会い」最終回

ひよこの巣立ちをお届けします鳥

 

 

 

 

 

 

 

  • - | - |

2017.06.16 Friday 16:49

ho−ho−さん訪問とスカイビル

大阪は先週梅雨入りしましたが、過ごしやすい晴天が続いています。

 

こんにちは。

「ぶらしの木」のAnzuです。

 

今日は予定を変更しまして…

「ひよとの出会い」の続きは、次回お届けします鳥

,ら読んでいただいている方、中断してしまい申し訳ありません!

 

まさにお出かけ日和の中

先日、大阪市大正区にある

ふくろう雑貨と焼き菓子のお店「ho-ho-」さんに行ってきました。

 

以前から単なるお客として、“行ってみたいな”と思っていたのですが、

そうこうしている間に、自らも開店することになり…

ありがたいことに、作家さんつながりでご縁あって、ぶらしの木のショップカードやOPENチラシを置いてくださっています。

その御礼と「はじめまして」のご挨拶をすべく、いざ大正へ。

 

ホームページで、何ともキュートなお写真を常々拝見していた

ho-ho-さんの看板スタッフ、メンフクロウの「ホーちゃん」にもようやく会うことができ、

触らせてもらえた上に、記念写真も撮らせていただけましたカメラ

(店主さんが気をきかせて、ぶらしの木のショップカードを!)

ホーちゃんも、カメラ目線ありがとう!!

 

とても気さくな店主さんで、初対面ながらも色々とお話をさせていただき、楽しいひとときを過ごすことができました。

ゆったりとしたリラックス感のある店内で、思わず長居してしまうであろう

そんな素敵なお店でした☆

 

今回見つけたものがこちら

「kiritanporitan」さんの、犬×ホーちゃんブローチです。

どこに付けようか考え中♪

 

ho-ho-さん、色々とありがとうございました。

また、遊びに伺います。

 

*ho-ho-さんのホームページはこちら*

 

話は変わりまして…

この時期といえば

「あじさい」

 

ho-ho-さんに伺う前、

大阪梅田にある「梅田スカイビル」にもお邪魔してきました。

都会でありながらも、豊かな自然とその環境に呼び寄せられ、さまざまな野鳥や生き物が集まってくる

『都会のオアシス』です。

そして、私が長年勤めた思い出の場所でもあります。

今の季節はまさに、あじさいが見頃を迎えていますあじさい(※上記写真は、敷地内の「里山」にて撮影)

 

この「里山」では

近年、5〜6月頃になると決まって「カルガモ」がやってきます。

3年前には、小ガモも誕生しました。

上記は、その時の写真です。

ほわほわのピンボールのような頭が、可愛すぎです♡

 

外出中だったようで、この日は残念ながら、姿を見ることはできませんでしたが、

今年もつがいで来ているようです(^^)

 

<下記は、昨年撮った写真になります>

 

小ガモの時の親鳥夫婦なのか

成長した小ガモが、お嫁さんor旦那さんを連れて戻ってきているのかは、さだかではありませんが、

とても仲睦まじい、ベストカップルです。

 

他にも、絶滅危惧種から身近な野鳥まで、多くの鳥さんを見ることができるので、

街中でのバードウォッチングスポットとして、おすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • - | - |

2017.06.09 Friday 15:15

ひよとの出会い

ひよ&ひよすけの、愛情あふれる子育ての甲斐あって

3羽のヒナたちはすくすくと育っていきました。

愛おしそうに、我が子を見つめる「ひよ」

その目はとても優しく、真剣そのものでした。

 

ちなににヒヨドリは、

抱卵は雌親のみ(平均13〜14日間)

育雛は雌親・雄親ともに従事します。

 

とはいうものの、

ひよが熱心に抱卵していた間

“今座っているのは「ひよ」ではなく「ひよすけ」では…?”

と思うことが1度だけありました。

本当のところはわかりませんが、毎日のように見ていた「ひよ」の後ろ姿や、醸し出す雰囲気とは何だか違う。

心なしか、身体も巣からはみ出している。

あれはきっと「ひよすけ」の『なりすまし』だったと、今でも思っています(笑)

 

ひよは、とても落ち着いたヒヨドリで、

顔立ち・毛並みもキレイな、いわゆる『べっぴんさん』

 

対するひよすけは、オーバーリアクション気味の賑やかなヒヨドリで、

一瞬ハトと見間違えるくらい、たくましいボディの『ガテン系』でした。

 

それではまた、

話をヒナたちの成長に戻しまして

<下記は、生後8日目の写真になります>

ごそごそと、だいぶ動くようになってきました。

末っ子の「ひよこ」が首をのばしています。

 

<下記からは、生後9日目の写真になります>

この日は1日で、驚くほど急速に成長していきました。

給餌時以外は『おしくらまんじゅう』しながら、ほとんど寝ています。

あっ!ようやく目が開きました!!

こっちを見ています(可愛い♡)

おめめ、パッチリです(めちゃくちゃ可愛い♡)

胸元には、まだおハゲが見えます。

 

と、その時!

突然の強い雨がヒナたちを襲いました。

しかし…心配したのも束の間

すかさず「ひよ」が戻ってきました。

身体をふくらまして、雨よけになってあげています。

頼りになる優しいお母さんですね(^^)

 

えさを頻繁に探し与えるだけでも、大変な労力がいることなのに、それだけに限らず

ヒナたちを大切に思う気持ちがひしひしと伝わってくる、このようなシーンを何度も目の当たりにし、

(種・個体にもよるかもしれませんが)鳥がこんなにも一生懸命に子育てすることを、初めて知りました。

 

【さらに次回へつづく鳥

 

 

 

  • - | - |

2017.06.03 Saturday 13:00

ひよとの出会い

さかのぼること約3年前の、ある夏の日のこと

 

店先のブラシノキに、ヒヨドリがさっと入っていくのを目撃しました。

珍しい光景だった為、のぞき込んで見てみると・・・

なんと!

巣があるではないですか!!

すでに卵もあり、全部で4つ。

 

ヒヨドリは声が大きく、その上よく鳴くので(元気な証拠♪)、時に煙たがられたりもしますが…

この時ばかりは、細心の注意をはかり「くちばしチャック」でせっせと作っていたことでしょう。

 

早くもその翌日より、母鳥(「ひよ」と命名)が卵を温め始めました。

※当時のスマホ・ガラケーでの撮影写真のため、画像が少々粗くなりますこと、ご了承ください。

毎日まいにち、うだるように暑い日も、荒れた天候の日も、忍耐づよく温め続けること14日。

 

ついに…卵がかえりました!

ちょうど、日本三大夏祭り「天神祭」の日のことです。

この後もう1羽

翌日に1羽と、3羽のヒナが誕生しました☆(あと1つの卵は、結局かえることはありませんでした)

 

<下記は、生後5日目の写真になります>

わずか5日ですが、もう鳥らしくなってきました。

<下記も、生後5日目の写真になります>

一生懸命、全力でごはんをねだっています。

<下記は、生後7日目の写真になります>

第1子に「ひよたろう」・第2子に「ひよじろう」・第3子に「ひよこ」と勝手に性別判断し、名前をつけました。

 

それからというものの

毎朝4時すぎに、父鳥(「ひよすけ」と命名)のけたたましいモーニングコールで1日が始まり、

ひよ&ひよすけの懸命な子育て(※ヒヨドリは夫婦そろって子育てをします)が続きました。

 

【次回につづく鳥

  • - | - |

<<new | 2 / 4pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.